This coat stand is a functional sculpture in a house. The construction elements are made of one type of timber in different lengths. As they are jointed together in different places with various angles and directions, the object changes its character according to the side where it is looked at. The design has the face side which hangs more clothes and the back side with less hanging space which is designed to be facing the wall.

このコートスタンドは、機能的な彫刻としてデザインされました。木の構成部品は全て同じ材料で長さのみを変化させていますが、方向・場所・角度を変え不均一に組み上げることにより、視点によって様々な表情を見せるデザインとなっています。また意図的に表裏面のある構成は、壁面傍に配置されることを意識し「よく使う側」と「そうでもない側」の使用量の違いを反映しています。