The Split Mirror was designed with the Japanese concept of Ma in mind, which expresses the importance of a pause, gap or a negative space — as being equally significant to a whole. The mirror frame is made up of two wooden halves that are separated by a break that allows the eye to contemplate the space in between. The Split Mirror is available in two sizes and can be installed vertically or horizontally.

スプリットミラーは、休止、間隙、空白の重要性を表す「間」という日本特有の概念を念頭に置いて設計されています。「間」は、全体と同等に大切なものなのです。鏡のフレームは木のパーツを二つ使用し、その二つの間に「間」を入れることによって、見る人がその空間にそれぞれの思いを巡らすことができるように作られています。スプリットミラーは二種類サイズがあり、縦にも横にも取り付け可能です。